大分ストーマ創傷ケア勉強会年間計画


ご挨拶

本勉強会は平成13年に発足し「ストーマケア」「褥瘡」「瘻孔ケア」を中心に毎月勉強会を行なってきました。 本年度も皆様と学びながら地域看護の向上を目指して勉強会を行なってまいりたいと思っております。 皆様お誘いあわせのうえ、多数のご参加をお待ち申し上げます。

垣迫 健二 佐藤 文枝

開催場所 アステム大分本社 4階大会議室
開催時期 毎月 第3または第4土曜日  13:30〜16:30(受付13:00より)  12月は第2日曜日です
参加費 1000円 (ただし12月は1日研修のため2000円)
申し込み
  1. メールでの申し込み
    yamamoto-h@okubo-hp.com)(大久保病院 山本博美)まで
    1週間前まで
    の申し込み(施設名・職種・名前の記載)をお願いします。
    こちらより受付確認のメールを返信します。*申し込みは1か月前よりお願いします。
  2. 会場受付にて次回参加予約を承ります。

大分ストーマ創傷ケア勉強会 平成30年度 年間計画

開催回数 開催日 演題名(仮 題)
所属 演者
170回 4月28日 見ながら学ぶストーマ造設術
大分大学医学部附属病院
消化器外科助教
赤木智徳先生
171回 5月26日 ストーマケアの基本と装具選択
大分県立病院
皮膚排泄ケア認定看護師
宮成美弥先生
172回 6月23日

在宅での褥瘡予防と治療

彦根市立病院
在宅診療科主任部長
切手俊弘先生
173回 7月28日 高齢者の排尿自立支援
地域医療機能推進機構南海医療センター
透析センター長・泌尿器科部長
平田裕二先生
174回 8月25日

the 老年看護
〜皮膚・排泄ケアに焦点をあてて〜

医療法人福西会 福西会病院
皮膚排泄ケア認定看護師
高木良重先生
176回 9月22日 それって足病変?
医療法人真鶴会 小倉第一病院
形成外科部長
石井義輝先生
177回 10月27日 フットケアで歩ける足をつくる
( 〜靴の選択と爪ケア〜)
地方独立行政法人大牟田市立病院
形成外科部長
春日 麗先生
178回 11月24日 QOD(Quality of Death) 
生と死を問う 終末期を支える看取りの看護
糸島医師会病院
看護部長・ET
梶西ミチコ先生
179回 12月9日
(第2日曜日)
今日から出来る動きを支える移乗・移動介助(10:00〜16:00)
※動きやすい服装でおいで下さい
昼食は各自持参  参加費2000円
うえるぱ高知
理学療法士
下元佳子先生
180回 1月26日 褥瘡評価に強くなる             
〜DESIGN−Rを活用し処置を考える〜
大分赤十字病院
皮膚排泄ケア認定看護師
足達節子先生
181回 2月23日 服は着る薬
〜心地いい服は人を元気にする〜
全国障害者ファッション協会大分本部
鶴丸メゾット 服飾デザイナー
鶴丸礼子先生
182回 3月23日 褥瘡を治すために必要な栄養管理
特定医療法人 原土井病院
管理栄養士
吉山恭子先生

 

印刷 閉じる